2018年夏に放送されるアニメの一覧情報を追加!!

「千と千尋の神隠し」の見どころ紹介や評価・レビューまとめ

「千と千尋の神隠し」の見どころ紹介や評価・レビューまとめ

国内映画で第1位の興行収入を記録し、今もなお人気の高い宮崎駿監督によるスタジオジブリ制作の名作アニメーション映画「千と千尋の神隠し」。

個人的にもジブリ映画の中では特に印象に残っている映画で、たまにテレビで放送されたら、今まで何回も見ててもついつい見てしまいます。
まあこれはジブリあるあるですね。見てるからいいやっていう感覚がなかなか訪れないんです。

そんな「千と千尋の神隠し」について、改めてご紹介したいと思います!

「千と千尋の神隠し」の見どころ

「千と千尋の神隠し」のここを推したい

個人的に「千と千尋の神隠し」の見所といえば、やはり千尋とハクの関係と少し闇を感じる裏設定だと思うんです。
まず千尋とハクの出会い。

ハクという特徴的ながらも絶世の美少年。男ですけど思わず「かっけえ……」と、息を呑みますねアレには。
さらに超カッコいい竜の姿にも変身しちゃうハクさん。
こんなん千尋も惚れるわってなりますもんね。そりゃおにぎりも食べますよね。

そして、少し闇を感じる設定。
「千と千尋の神隠し」は、数あるジブリ作品の中でも特に都市伝説が多い作品なんです。
しかも、「アレ、本当にそうなんじゃ……」と思わせる信憑性の高いものもあるんですよね。
見終わったあと、ぜひこちらのページ(=データ記事に飛ばす)でも都市伝説を紹介しているのでご覧になってみてください。

その他にも注目するとすれば、宮崎駿監督の前作「もののけ姫」とは全く違う作画彩色であるところ。
「もののけ姫」まではセル画を使った作品だったのですが、本作ではデジタル彩色が起用されました。

これにより、セル画とは違う、ツヤのある新しいジブリ作品になりました。
特に湯婆婆の絵の質感とか、セル画では見られないような感じですよね。
個人的には、正直公開当初くらいの頃は抵抗があったのですが、何度も見ていくうちになれていくし、やはり物語がしっかりしていて面白い!って思えたので、これはこれで良いなって思えるようになりました。

「千と千尋の神隠し」のみんなの評価やレビュー

宮崎駿は天才ですね。と再確認させられました。お風呂のシーンが最高。お客様とて許せぬシーン最高。電車のシーン最高。印象的なシーンが多すぎて困っちゃう。

やっぱり、私のジブリ不動の1位。
公開から10年以上経ちますが、今も年に数回かDVDをつけて観ます。
美術の美しさはもちろん歌、音、声どれにとっても素晴らしく、話のどこにも残る儚さとかがどうしようもなく好きです。
初めて見た幼少期から今でも、不思議な神様の世界に連れていかれるような感覚は変わりません。

「千と千尋の神隠し」の個性的なキャラクター紹介

荻野千尋 / 千

本作の主人公ですね。
宮崎駿監督は千尋のことをブスと呼んだそうですが、個人的には嫌いじゃないです。
もし小学校でクラスメイトになってたら、ツンデレでイタズラして仲良くなってみたいタイプの女の子です。
設定では10歳らしいのですが、物語の途中からしっかりしたところを見せるので、あまり10歳のようには見えないんですよね。

ハク

眩しいくらいの美少年。そしてカッコいい竜にもなる。
つまりカッコいい。
お腹がすいた千尋におにぎりをくれる優しさまで持った神のような存在です。

湯婆婆

頭が異常にデカい婆さん。
不思議な魔法を使うことができて、作中ではかめはめ波みたいな技も見せるので、そのあたりも必見です。
うざったらしく感じる性格ですが、湯屋の店主としてはかなりしっかりしている人です。

坊/ネズミ

湯婆婆の息子らしい、超巨大な赤ちゃん。
何がどうやってあんな大きな赤ちゃんが生まれたのか……。
映画の後半では、湯婆婆の姉である銭婆にネズミの姿に変えられてしまいます。

カオナシ

「ア……」しかしゃべれない謎の存在。
最初は千尋のストーカーとして登場し、どんどんエスカレートして気持ち悪いバケモノに変身。湯屋に多大な迷惑をおかけします。
その騒動のあとは落ち着いて、ストーカーというよりも付き添い感を出すキャラクターに。

出演している声優情報

・柊瑠美(荻野千尋/千 役)
・入野自由(ハク 役)
・夏木マリ(湯婆婆 役)
・神木隆之介(坊/ネズミ 役)
・中村彰男(カオナシ 役)

アニメーション映画カテゴリの最新記事