2018年夏に放送されるアニメの一覧情報を追加!!

【泣ける映画】「君に読む物語」のあらすじと名言・感想まとめ

【泣ける映画】「君に読む物語」のあらすじと名言・感想まとめ

今回は、特に私が好きな『泣ける映画』のタイトルをご紹介したいと思います。
気分によって観たい映画って変わってきますよね。熱い映画が観たい!ーとなったら男達の熱い友情などの映画ですし、ハラハラするものだったらスリラーだったり…また、ちょっと恋したい、感動したい、泣きたい!と言う時には『泣ける映画』がおすすめです。
『君に読む物語』、この映画は、2004年製作の恋愛映画です。只の純愛ストーリーでは無く、実話らしいです。終始ロマンチックで胸が熱くなることは間違いありません。
この映画は是非手に取り見てほしい映画作品の一つです。

他の泣ける映画作品が観たい方はこちらをどうぞ
【泣ける映画】”涙腺崩壊”必須の泣ける映画5選【洋画】

きみに読む物語とは?

2004年にニック・カサヴェテス監督によって製作された、アメリカ映画。
1996年にニコラス・スパークスが発表した小説を映画化したもの。アルツハイマーの女性に本を読み聞かせる男性、そして時代は遡り…そういうお話です。

きみに読む物語 あらすじ

男性デュークが、過去を思い出せない認知症の女性患者に対してノートに書かれた物語を彼女に読み聞かせます。
時代は変わり、1940年…材木置場で働くノア・カルフーンは、夏休みに別荘へ戻ってきた一人の少女アリー・ハミルトンに一目惚れをします。ノアは、アリーを強引にデートに誘いそこから付き合うことになった二人。
夏休みが終わると同時に、アリーは別荘から実家へ戻ることになり、離れ離れとなってしまいます。
ノアはアリーに向けた手紙を毎日365通出しますが、アリーの家に届いた時には母親(アン)に見つかり捨てられます。ノアが出した手紙は結局一通も届かず、そのまま戦争が始まってしまいます。
徴兵されたノアは何事も無く無事に帰ってきます。その頃、アリはー裕福な弁護士ロンと婚約し、過去のけじめをつけるためにノアの元へ戻りますが…

きみに読む物語 登場人物

作品内の登場人物を箇条書きでまとめました。

制作陣やスタッフやキャストが詳しく知りたい方はこちら
きみに読む物語 スタッフ/キャスト

ノア・カルフーン

・この作品の主人公で、材木置場で働く青年、仕事には真面目で友達思い。
・友達のフィンと遊園地に居た所、アリーに一目惚れをして無理やりデートに誘う。
・アリーの両親には、認めてもらえず離れ離れになってしまう。
・ロンとアリーが楽しそうにしているのを見て何かが壊れて、引きこもってしまう。
・彼女との約束を果たすため農場を買い取り牧場を修復する。

アリー・ハミルトン

・ノアの恋人でヒロイン、天真爛漫でお嬢様で明るい性格。
・別荘に帰って来ていた夏休み中にノアと出会い付き合うことに。
・両親は半ばノアとの関係を断ち切るためにアリーを強引に実家に帰す。
・大学に進学し、裕福な弁護士ロンと出会い婚約する。
・アリーはノアとけじめを付けるためにノアが建てた家に再び向かう。

認知症の女性患者

・認知症を患っている施設に入っている女性。
・数分前の記憶も持たないため薬を投与されている。

デューク

・認知症の女性に本を読み聞かせる男性。
・心臓が弱く発作を何度も起こしている。

アン(アリーの母)

・アリーの母親で気難しい性格。
・アリーのためを思って行動するも、空回りが多く厳しい。

ロン

・アリーが実家に戻ってきた時に出会った男性。
・家が裕福で、更に弁護士と言う仕事。
・アリーと婚約する。

フランク(ノアの父)

・ノアの父親で気さくな性格、アリーを家に連れてきた時も冗談を言うぐらいフランクで饒舌。
・牧場を買い取るお金をノアに渡すために自分の家を売る程の息子思い。

フィン

・ノアと同じ材木置場で働く友人。
・ノアと徴兵された時に、命を落としてしまう。

ジョン(アリーの父)

・アリーの父親で、裕福で傲慢。

きみに読む物語 スタッフ/キャスト

この作品に携わったスタッフキャストのまとめ

きみに読む物語 登場人物

スタッフ

『きみに読む物語』 スタッフまとめ

「きみに読む物語」スタッフ一覧表
製作名 担当名
監督 ニック・カサヴェテス
脚本 ジャン・サルディ,ジェレミー・レヴェン
製作 マーク・ジョンソン,リン・ハリス
製作総指揮 トビー・エメリッヒ,アヴラム・ブッチ・カプラン
音楽 アーロン・ジグマン
撮影 ロバート・フラッセ
編集/strong> アラン・ハイム

キャスト

『きみに読む物語』 キャストまとめ

「きみに読む物語」キャスト一覧表
俳優・女優 役名
ライアン・ゴズリング ノア・カルフーン
レイチェル・マクアダムス アリー・ハミルトン
ジーナ・ローランズ 認知症の女性患者
ジェームズ・ガーナー デューク
ジョアン・アレン アン(アリーの母)
ジェームズ・マースデン ロン
サム・シェパード フランク(ノアの父)
ケヴィン・コナリー フィン

きみに読む物語 名言

この映画で自分が感動した名言をご紹介します。どういう状況でそのセリフを言ったのかも合わせてご説明します。

状況説明
アリーはノアと離れロンと婚約した日、ふと取った新聞記事にノアが家を建てた写真が掲載されています。ノアとけじめを付けるために、アリーはノアが建てた家へ向かいます。
二人は久々に再開し、ノアはアリーに連れていきたい場所があるんだと言って、二人はボートで湖を散歩します。雨が降ってきて、ボートが岸についた時に…

アリー:「何で手紙を書いてくれなかったの?…ずっと好きだったのに。7年間アナタを待っていたのに。」

ノア:「手紙は書いたさ、一年間365通。毎日書いた。そして、僕達はおわっていない…今でも終わっていないんだ!」

状況説明
過去のけじめを付けるためにアリーはノアの元に戻りますが、その頃心配した婚約者ロンが近くの街まで来ています。アリーは婚約者に全てを話します。そして、母親のアンはアリーに釘を指すように”どちらを選ぶかわかってるわね。”と言いアリーは自分がどうしていいか分からない状況でノアの元を去ろうとします。

ノア:「うまくやるのは難しい。努力が必要だ。でも俺は努力したい。ずっと君が欲しいから。一緒にいたいから。」

状況説明
アリーが自分の気持に素直に慣れずにどうしていいか分からない状況でノアが言った一言。

ノア:「お願いだ。将来を思い描いてみて。30年後、40年後誰といたい?もしヤツ(ロン)なら行け!それが君の望みなら俺は耐えていける。無難に選ぶな」

この後主演の、ライアンが言ったアドリブが最高です。

ノア:「人のことは考えるな。俺もヤツ(ロン)も忘れろ。君だよ、問題は。君はどうしたい?」

紹介したセリフは、自分の中での名言となって残っています。観たい方は是非映画を御覧ください。

きみに読む物語 感想/レビュー

この作品を観た方のTwitterでの感想やamazonでのレビューをまとめたもの。

感想

感動する!泣ける!と言った感想が多いみたいですね。

レビュー

DVD購入を検討されてる方もいらっしゃり、amazonにはレビューも多く書かれていまいた。

正直な感想ですが、主人公とは全くちがう世界に住んでいるので、共感は出来ないが、最高にステキなラブ・ストーリーです。一緒に年老いて行くシーンが素敵で、アリーが認知症で思いだせなくてノアを怒鳴るシーンなんて大泣きですが、こんなにステキな恋と思い出を綴ることが出来る人生を歩んだ主人公たちが羨ましいです。
自分にもこんなも愛せる人間ができますように。愛に迷っているすべての若者がみるべきです。
amazonレビュー

どんなに好きで一緒になったにせよ、若い頃の真っ直ぐな気持ちのまま誰かと一生添い遂げるのは、そうできうることではないでしょう。
こんな風に連れ合いにストレートな「ラブ」を伝え続けるのは、我々日本人にとって易しいことではありません。
ただ、いつか自分の死を自覚出来たときに、「なんだかんだあったけど、あいつと一緒になって、俺はしあわせだったなぁ…」そう思える歳の重ね方ができたら、それで充分ではないかなと思いました。
ひとが人を愛する気持ちの尊さを思い出させてくれる、素敵な映画です。
個人的には、あの未亡人にこそしあわせになってもらいたいと思いました…
amazonレビュー

まとめ

僕が一番好きなシーンは、ノアがアリーとその友人と観覧車に乗っている時に無理やり飛び乗り「僕とデートする?」と言う誘い文句です。アメリカならではと言うか、強引というかTHE青春と言えるシーンだなって思います。また、ノアとアリーは度々喧嘩をする訳ですが、それでも結局仲良く戻るあたりが素敵だなって思います。お互いに本音をぶつけ合える仲っていいし、純愛ストーリーから目が話せませんでした。

記事ライター:実写酷評おじさん

映画の動画配信情報カテゴリの最新記事