「レディ・プレイヤー1」に登場する重要な元ネタ作品を解説!知ってると10倍楽しめる

白黒映画の名作10選!味のある名作映画をもう一度

白黒映画の名作10選!味のある名作映画をもう一度

白黒映画にはたくさんの名作があります。
最近の映画って、大人が見るにはちょっと物足りない作品が多いですよね。
どちらかというと、子どもや若い人が見て楽しいような作品が目立っています。

たまには、大人の雰囲気のある映画も楽しみたいですよね。
白黒映画は、大人が楽しめる雰囲気のある名作ばかり。

でも、白黒映画って今時あまり映画館で上映されていないし、あったとしても時間を作れなかったり、その場所が遠かったり、DVDを借りても返しに行くのが大変という方も多いのではないでしょうか。

今回は、白黒映画の名作とともに、時間がなくても映画をご覧いただく方法をご紹介したいと思います!

白黒映画を見るならU-NEXT!今なら31日間無料視聴

大人が楽しめる白黒映画の良さ

白黒映画を見ている人のイメージ画像

いまではすっかり見なくなった白黒映画
しかし、いま見ても白黒映画は魅力あふれるいい作品ばかりです。
白黒映画の魅力についてはこちらの記事でも書いていますので、よろしければご覧ください。

白黒映画の良さといえば、なにより映像から醸し出されるレトロな雰囲気、かっこいい台詞、現代の映画にも負けない重厚なドラマ。
それらの言葉では表現しにくい”味”こそが、白黒映画の最大の魅力ですよね。

この”味”は、現代の映画で味わうことはなかなか出来ません。

時代が生んだ魅力がつまっている

映画「カサブランカ」のタイトル画像

白黒映画が持つカッコよさや名言、そして重厚なドラマ。
それらを全て持った作品の例をあげるなら、「カサブランカ」が一番ですね。
先ほどもあげた前回の記事で既に取り上げてしまっているのですが、何度でも語りたい白黒映画の名作中の名作ですよね。

この「カサブランカ」こそ、三つの要素が全部つまった名作。
劇中に登場するカフェ・アメリカンで流れる「アズ・タイム・ゴーズ・バイ(時の過ぎゆくままに)」のシーン。
ハンフリー・ボガートの「君の瞳に乾杯」に代表される数々の名言。
そしてリックとイルザの恋の行方、新しい友情。
ただの恋愛映画ではなく、様々な要素が詰め込まれた名作です。

おそらくこれらは、この時代だからこそ生まれた魅力なのでしょう。
戦前、戦時中、そして戦後。
世界が大きく動いていたときに生まれた作品たちには、強い気持ちが込められているのが見ていてひしひしと伝わります。

「カサブランカ」以外にも、この時代で生まれた作品には同じように魅力あふれた名作がたくさんあります。
これを読まれているみなさんも、いくつかタイトルが浮かんでいるのではないでしょうか?

今回ご紹介する名作は、そんな白黒映画ならではの魅力を持った作品たちです!
みなさんがお好きな映画、見たいと思っている映画が入っていれば幸いです。

白黒映画の名作10選

それでは、厳選した白黒映画の名作をご紹介します!
どれも本当に面白く、いま見ても全く色あせない魅力あふれる名作です。

イタリア映画の名作『自転車泥棒』

自転車泥棒HDマスター

現代でも語り継がれる、イタリア映画の名作中の名作です。
当時のイタリア映画の主流だった、イタリア社会をドキュメンタリータッチで描く「ネオレアリズモ映画」の代表作の一つ。

ラストの方はなんともいえない切ない気持ちになります。
一生懸命生きる二人の親子愛には胸を打たれます。
一度ご覧になられた方は、きっと分かるはず。
おおまかな物語はシンプルながらも、心に響く名作です。

ということで、あらすじの説明も控えたいと思います。
ただ、タイトルでなんとなく想像していただけるでしょう。

映画史上最高の作品ベストテンや、世界映画史上の傑作、史上最高の映画など、様々なランキングに必ずランクインするほどの名作です。

「自転車泥棒」動画配信サイト
U-NEXT ビデオマーケット

人類滅亡を描いたブラックコメディ『博士の異常な愛情』

博士の異常な愛情

最後は、SF映画の名作中の名作「2001年宇宙の旅」で知られるスタンリー・キューブリック監督が手がけた『博士の異常な愛情』です。

正式なタイトルは「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」で、原題である英語では「Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb」と、どちらにしても長いタイトルであるのが特徴ですね。
本来登場人物の名前だった「Dr. Strangelove」を分解して直訳したことにより、こんなにセンスを感じるタイトルに。
何度でも言いたくなっちゃいますよね。

戦時下のお話ながら、かなりアメリカ的なブラックコメディ。
しかも、主演のピーター・セラーズは一人で3役も演じているというのは何度見ても凄いと思わされます。

最後のシーンは思わず「なんだこれ!?」ってなるかもしれませんが、印象に残るラストですね。

(公開:1964年/製作国:イギリス・アメリカ合衆国)

「博士の異常な愛情」動画配信サイト
U-NEXT ビデオマーケット

スピルバーグが贈る白黒映画『シンドラーのリスト』

シンドラーのリスト

カラー映画が主流になってからも、たまに撮られている白黒映画。
その中でも、スティーヴン・スピルバーグ監督による『シンドラーのリスト』は必見ですね。

第二次世界大戦時に、迫害を受け収容所へと送られるところだった1000人以上のユダヤ人を救ったオスカー・シンドラーを描いた作品。
スピルバーグ監督は、この作品で初めてアカデミー作品賞と監督賞を受賞

最後の最後で訪れるカラー化は鳥肌モノ。
歴史の変遷を上手く演出していますよね。

現在公開中の「レディ・プレイヤー1」や「ジュラシック・パーク」といった、大迫力のエンターテインメント満載のアクション映画という感じとはまた一味も二味も違う、スピルバーグ監督作品の一面を見ることができる大人な一作です。

(公開:1993年/製作国:アメリカ合衆国)

「シンドラーのリスト」動画配信サイト
U-NEXT ビデオマーケット

密室劇の金字塔『十二人の怒れる男』

映画「十二人の怒れる男」のHuluのスクリーンショット

数ある密室劇の中でも金字塔と呼ばれている「十二人の怒れる男」。

アメリカの裁判における陪審員たちの議論を描いたお話で、外に出るのはトイレくらいってほどの密室ぶり。

しかし、これが面白いんですよね。
狭い空間に入り、唯一無罪を主張する陪審員8番が、どんどんと巻き返していく様は、見ていて本当に盛り上がります。

犯罪者として法廷に立つことになっているものの、その人間の人生を決める決断をしなければならない。
生か死か。
もし、その犯罪者が無罪だったらどうなるか。怠惰や感情論で決めてはいけない。

最後のシーンにある人として普通のことさえもカッコよく見えますよね。
何度見ても、この作品ならではの感動が味わえる名作ではないでしょうか。

(公開:1957年/製作国:アメリカ合衆国)

※画像はHuluのスクリーンショット

「十二人の怒れる男」動画配信サイト
Hulu

欠かせない王道『ローマの休日』

ローマの休日

オードリー・ヘプバーンが主演を務める、日本でも有名な白黒映画の名作『ローマの休日』。
超有名なのであえて控えようと思いましたが、やはり白黒映画を語る上では欠かせない名作ですね。

ある国の王女さまが、表敬訪問で訪れたイタリアのローマで、ある新聞記者の男と出会い、恋に落ちてしまうラブストーリー。
ヘプバーンはこの作品でアカデミー主演女優賞を受賞しています。

なにより、オードリー・ヘプバーンが可愛いところが作品の魅力の一つ。
その可愛さは、例え60年以上前の作品でも、たとえカラーじゃなくても伝わりますよね。
例えば、「ティファニーで朝食を」はカラーだったけど、役柄もあって可愛さは欠けていました。
しかしこの「ローマの休日」では、白黒ながらもオードリーの可愛さが際立っています。

そして恋に落ちた二人が訪れるデートシーンは、作品を語る上で欠かせませんね。
特に真実の口に手を入れて、抜けなくなったと王女を驚かせるシーンは有名です。
旅行で行って、あのシーンを真似た人も多いのではないでしょうか。

何度見てもオードリーに恋をしてしまう名作です。

(公開:1953年/製作国:アメリカ合衆国)

「ローマの休日」動画配信サイト
U-NEXT Hulu
ビデオマーケット

白黒映画を見るならU-NEXT!今なら31日間無料視聴実施中

社会派ドラマの名作『アラバマ物語』

アラバマ物語

法廷ドラマの名作と名高い『アラバマ物語』も必見の名作ですね。
子どもの視点から、差別や偏見に満ちた大人の社会と、そんな社会を生きる父親の姿を巧みに描いた名作として、現在でも語り継がれています。

黒人差別、偏見。
アメリカでは黒人に対する人種差別が根強く、この映画はそんな人種差別について真正面から描いています。

何より、この作品は名言がたくさん。
グレゴリー・ペック演じる弁護士が娘に教え聞かせる言葉の数々は何度見ても心に響きます。

先ほど紹介した「十二人の怒れる男」や、ダスティン・ホフマンが主演を務めた「クレイマー、クレイマー」などを抑え、アメリカ映画協会の法廷ドラマの映画ランキングで堂々の1位となっているこの名作、ぜひご覧ください!

(公開:1962年/製作国:アメリカ合衆国)

「アラバマ物語」動画配信サイト
U-NEXT

白黒映画を見るならU-NEXT!今なら31日間無料視聴

現代でも生き続ける大怪獣『ゴジラ』

近年「シン・ゴジラ」の大ヒットで再び日本を席巻した『ゴジラ』。
やはり、初代は別格の映画ですね。

2018年3月に開かれた第90回アカデミー賞では、本作で初代ゴジラを演じられたスーツアクターの草分けでもある中島春雄さんの追悼コーナーが設けられました。

今となると、少しチャチに感じる場面もあると思います。
特にゴジラそのもののクオリティーは、約60年前の物なので今のようなクオリティはありません。

しかし、物語や人間描写など、ドラマとしては今みても名作ですね。
宝田明さんの演技も見どころです。

現在も続く「ゴジラ」の記念すべき1作目、やはり何度見ても面白い名作です。

(公開:1954年/製作国:日本)

「ゴジラ」動画配信サイト
Hulu
ビデオマーケット

アメリカが誇る不朽の名作『素晴らしき哉、人生!』

素晴らしき人生

続いてご紹介したいのは、クリスマスの時期を描いた作品の中でも感動の名作として有名な『素晴らしき哉、人生!』です。

アメリカでは国民的な名作として今もなお親しまれていますが、日本でも有名な作品ですね。

「自分なんて生まれてこなければよかった」そんなことを考えてしまった男に、人生の素晴らしさを教える物語。
自分ひとりの人生を、大したこと無いものだと思ってはいけない。

ファンタジー要素が入りつつ、人生の素晴らしさを教えてくれる名作中の名作です。

アメリカ映画協会(AFI)が2006年に発表した「感動の映画ベスト100」では、23位の「ショーシャンクの空に」、6位の「E.T.」、3位の「シンドラーのリスト」を抜いて、堂々の第1位

スピルバーグも映画の撮影前に見る作品の一つとしてあげるほどの名作。

ぜひ、ご覧ください!

(公開:1946年/製作国:アメリカ合衆国)

「素晴らしき哉、人生!」動画配信サイト
U-NEXT ビデオマーケット

西部劇史上最高の名作『駅馬車』

駅馬車

続いては、西部劇映画を語る上で欠かせない、西部劇の神様ジョン・フォード監督による『駅馬車』です。

以前の記事でご紹介した『荒野の決闘』が「静」であれば、この『駅馬車』は「動」の映画であると呼ばれるほど、駅馬車をはじめとした様々なものの動きに見入ってしまう作品。

偶然、駅馬車に乗り合わせた人々の人間ドラマも見どころですが、「動」の部分であるアクションシーンも必見ですね。
西部劇ならではの激しい銃撃戦はまさに「動」の映画

このアクションは、今の映画ではなかなか無いアクション

ちなみにジョン・フォード監督の作品は、黒澤明監督が影響を受けたものでもあるんですよね。
中でも「七人の侍」は特に影響が色濃く出ているため、ジョン・フォード監督の『駅馬車』もご覧ください!

「駅馬車」動画配信サイト
U-NEXT

元祖SF映画の名作『メトロポリス』

映画「メトロポリス」のイメージ画像

多くのSF映画に影響を与え、原点にして頂点とも呼ばれるSF映画の名作「メトロポリス」。
今から91年前の1927年、日本が大正15年だった時代にドイツで公開された作品です。
チャールズ・チャップリンの「黄金狂時代」や「サーカス」の間の時代ですね。

白黒映画というだけでなく、声のないサイレント映画であることも特徴。

しかし、色もなく映像もないからこそ、動きが特に面白い作品ですね。
暴動を起こす地下住民たちの動きはいま見ても圧倒されます。

作品に登場するアンドロイドは、「映画史上最も美しいロボット」と言われ、映画「スター・ウォーズ」のC-3POのデザインに影響を与えたそうです。たしかに凄く似ています。

ちなみに日本では、漫画の神様・手塚治虫先生の初期SF三部作の一つでもある同じタイトルの名作「メトロポリス」が有名ですが、名前からも分かるとおり、この映画「メトロポリス」がヒントとなって生まれた作品ですね。

(公開:1927年/製作国:ドイツ)

「メトロポリス」動画配信サイト
ビデオマーケット

白黒映画はいまでも自宅で楽しめる!

白黒映画を見ている人のイメージ画像その3

今回はこの10作品をご紹介させていただきました。

やはり、白黒映画はいま見ても面白い作品ばかりです。
いま見てこそ、改めてよさに気づく作品もありますからね。

そんな白黒映画をご覧になる場合、動画配信サービスの「U-NEXT」が特に配信している数が多く、面白い名作ばかりなのでおすすめです。
今回紹介した作品のほとんどは、この「U-NEXT」で見ることが出来ます。
もちろん、最新の映画もたくさん配信。
登録方法はいたって簡単で、FireTVなどがあればテレビでも楽しむことができます。

名作というのは何度でも見たくなってしまうものです。
何度も楽しんで、新たな発見や新たな感動を味わえる。

いやー、映画って、本当にいいもんですね。

U-NEXT
料金 月額1990円(税抜)
無料期間 31日間
支払方法 クレジットカード
携帯支払(ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル)
U-NEXTカードほか
特徴 映像65,000本以上見放題
雑誌70誌以上読み放題

白黒映画を見るならU-NEXT!今なら31日間無料視聴

映画の動画配信情報カテゴリの最新記事