「レディ・プレイヤー1」に登場する重要な元ネタ作品を解説!知ってると10倍楽しめる

映画「となりのトトロ」動画配信情報

映画「となりのトトロ」動画配信情報

ここでは、映画「となりのトトロ」の動画配信情報や、作品を彩るサツキやメイなどのキャラクターの紹介、あらすじや作品の評価レビューなどの基本情報をお届けします。

また、「となりのトトロ」がもっと楽しくなるような、映画にこめられたメッセージや謎、都市伝説といった内容や関連グッズなどについても新着情報を掲載しております。
お好きな内容を目次から選んで、お楽しみください。

映画「となりのトトロ」とは

「となりのトトロ」は、スタジオジブリ制作の宮崎駿監督による長編アニメーション映画です。
サツキとメイという二人の女の子と、不思議な生き物・トトロとの交流を描く物語。
現在も定期的にテレビ放送もされる人気振りで、大人から子どもまで、幅広い層から支持を受けている国民的アニメーション映画です。

「となりのトトロ」のストーリー・あらすじ

小学生のサツキと妹のメイは、母の療養のために父とともに田舎の村に引っ越してくる。
しかし、引っ越し先の家には小さな黒いオバケ・まっくろくろすけがたくさん住んでいた。
そしてある日、庭で遊んでいたメイは庭で不思議な生き物と出会う。
その生き物のあとを追いかけ森に入ると、奥の風呂い空間には大きな生き物が寝転んでいた。
メイが名前を尋ねると、メイには「トトロ」と答えたように聞こえた。

「となりのトトロ」の登場人物/キャラクター紹介

サツキ

小学6年生の女の子。
家事もできるし、妹の面倒もきちんと見る、とてもしっかりした女の子。

メイ

サツキの妹。
聞き分けが悪く、頑固でわがままな女の子。
好奇心が強く、小トトロを追って知らない森の中へ進んで、トトロの棲家までたどり着くほど。

カンタ

サツキのクラスメイト。
サツキのことが気になる様子だが、照れ屋なこともあり、なかなか素直な態度を取れないでいる。

おばあちゃん

カンタの祖母。
草壁家が引っ越してきた際に、家の掃除を手伝ってくれた。
サツキとメイを本当の孫のように可愛がっている。

トトロ

大トトロ、中トトロ、小トトロの三匹がいる。
子どもにしか見ることができない、森に住む不思議な生き物。

「となりのトトロ」の音楽(主題歌・挿入歌)

オープニングテーマ:井上あずみ「さんぽ」

エンディングテーマ:井上あずみ「となりのトトロ」

「となりのトトロ」のテレビ放送時の視聴率

「となりのトトロ」のテレビ放送視聴率(関東地区)
放送日時 視聴率
2000年6月23日 21.1%
2002年8月2日 20.9%
2004年7月23日 23.0%
2006年7月28日 22.5%
2008年7月18日 17.6%
2010年7月23日 20.2%
2012年7月13日 18.3%
2014年7月11日 19.4%

参考:スタジオジブリ非公式ファンサイト ジブリのせかい

「となりのトトロ」の謎・都市伝説

サツキとメイは死んでいた?

物語の途中で、サツキとメイの影が消えてしまう場面があるんです。
ここで幽霊になってしまったのではないかと噂されています。
さらに、トトロは子どもの頃にしか見えないと言っているにも関わらず、カンタは見ることが出来ません。
そしてサツキも途中から見ることができるようになります。
もしかして、トトロは死んだ人や死期が近い人にしか見えないのではといわれています。

「となりのトトロ」のモデルは狭山事件?

狭山事件とは、1963年に埼玉県狭山市で起こった強盗強姦殺人事件。
トトロは、そんな狭山事件を思い起こさせる箇所がいくつかあるんです。
狭山事件が起きたのは1964年の5月。
サツキとメイの名前は、どちらも「皐月(さつき)」と「May(メイ)」という日本語・英語での呼び方に由来しています。
さらに、作品のモデルになった場所は埼玉県所沢市なのですが、狭山市はそんな所沢の「となりの」市になるんです。
当時、世間に大きな衝撃を与えた狭山事件を風化させたくないという宮崎駿監督の想いがあったのではないかと囁かれています。

「となりのトトロ」の舞台

「となりのトトロ」のモデルとなった場所は、埼玉県所沢市といわれています。
これは宮崎駿監督自身も言及しており、監督の自宅のある所沢や美術監督を務めた男鹿和雄さんのふるさとである秋田県など、様々な場所をモデルとしたそうです。
また宮崎監督が、埼玉県と東京都の都県境に位置する丘陵である狭山丘陵の「トトロの森」保全運動に携わったり、所沢の地名がすこし形を変えて作中に登場することから、所沢市が舞台と言われることが多いんです。
さらに、サツキとメイの家は、2005年に開催された愛知万博にて、パビリオンの一つとして完全再現されました。
現在も愛・地球は区記念公園内に存在するので、映画を見たあと、行ってみてはいかがでしょうか。

アニメーション映画カテゴリの最新記事